HUCKLE BERRY FARM BLOG北海道ニセコ農場動物ブログ
馬1 馬2 牛1 牛2 鳥1 鳥2 バウ

2007年11月アーカイブ

2007年11月27日(火)

huckle (2007年11月29日 18:35) | コメント(1)

 今日から馬達の朝ご飯を
外の柵の中であげることにしました。

馬達が外に出たがらないので
餌で釣る事にしました。

そのせいかキャンディーが
ご飯を食べたいからか小屋の部屋の横板を
折ってしまいました。

 小屋に戻す前に少し走らせようとしましたが

最近走ってないからか
後ろを追いかけてもらいながら
前でロープを持っている人も一緒に走らなければ
馬達も走ってくれませんでした。

 日中、ミントはまだ体調が悪いので小屋で
一人でいるのが淋しいのか退屈なのか
スタッフの傍に行きたがるのです。

目の涙の跡は薄くなってきていますが
まだ流しているようです。

2007年11月26日(月)

huckle (2007年11月29日 18:18) | コメント(0)

 11月の後半から雪が降る日が多くなりましたが

馬達は小屋から出たくないし、
外で動きたくないのか連れて行く時は
抵抗するし、柵の中では入口付近で
皆集まって一ヶ所にいて全然移動しないのです。

だから運動していないので後ろから追っかけて
走らせて少し運動させたいです。

 ミントの目や体調の方はだいぶ良くなってきています。

2007年11月24日(土)

huckle (2007年11月29日 17:36) | コメント(0)

 ミントは今日も気管支炎が治っていないので

小屋の部屋でお休みです。
結膜炎の方はだいぶ良くなりまして
あと2、3日治療すれば治ると獣医さんが言っていました。

ですので外に出すのは2、3日後にするつもりです。
 他の3頭は外の柵の中に連れて行きました。
 キャンディーとジェイは外に出るのをとても嫌がり、
一歩も歩きたくないのかずっと踏ん張って抵抗していた。

2007年11月22日(木)

huckle (2007年11月22日 18:27) | コメント(0)

  朝、馬達を柵に連れて行きました。
雪も風も強くなってきましたので
昼前に小屋に戻しました。

 ミントのことで獣医さんが来ました。
診てもらいましたら病名は気管支炎だそうです。

まだ初期症状らしいので、
とりあえず今日から3日間は注射をして
様子を見ることになりました。
ひどい状態や長引くと1ヶ月くらいかかるそうです。

ですから早く良くなって欲しいです。

 近頃、馬達は寒いせいなのか外に出すと
とても嫌がり連れて行く時、抵抗するようになりました。

2007年11月21日(水)

huckle (2007年11月22日 18:14) | コメント(0)

 朝、馬達を診てみると
ミントが昨晩から下痢をしていました。
以前の時は古くなった牧草を
食べて下痢をしていましたが

今回はもしかしたら風邪かもと思い
体温を計りました。
37.7℃の平熱でしたので安心しました。

ミントは何かと体調不良になりやすい
虚弱体質かもしれない。

 その後4頭を柵まで連れて行きました。
ですが少し目を離したらベリーが

柵から抜け出てしまいました。
早急にどうにかしないとならない。

 昼近くに雪の降り方が
強くなってきましたので馬達を戻しました。

2007年11月20日

huckle (2007年11月22日 17:59) | コメント(0)

 朝、4頭とも小屋から柵に出しました。
午前中は普通に寒さに堪えるかのように
動かず黙っていましたが

ベリーが柵のいつも抜け出すであろう所から
抜け出しました。

しかしすぐに柵に戻してロープでつなぎました。

 午後になり、またベリーのロープが外れまして
ベリーが居なくなりました。

今回は気が付かず馬達を小屋に戻す時に
気付きまして呼びましたが出てきませんでしたので

他の3頭を戻す為、キャンディーとジェイを
連れて戻りまして ミントを戻す時に

皆と帰りたいのかベリーが出てきました。

ですがベリーを無視してミントだけを連れて行くと
その後ろをしっかり着いて来ました。

 寂しくなるぐらいなら
初めから居なくならなければいいのにと
思いました。
まずはこれから抜け出さなく
しなければいけないかもしれない。

それから教育しなければいけない。  

2007年11月19日(月)

huckle (2007年11月19日 19:48) | コメント(0)

 獣医さんから頂いた点眼剤を
使用していますが

ミントの眼から
涙を流した跡が無くなりません。

なかなか完治しません。

ですが諦めずに治療し続けるつもりです。

 今日は朝からずっと雪が横から降っていました。
馬達は今日も柵の中で放牧していました。
雪の中、元気に遊んでいたのはいませんでした。
4頭とも集まって雪が降っている間は鬣(たてがみ)が
凍ってもじっと黙って立っていました。

風が弱くなると少し歩いたりして体を動かしていた。
小屋に戻す時には寒そうにしていて

”早く帰ろう”と言っているかのように
スタッフが近付くと擦り寄ってきます。

2007年11月17日(土)

huckle (2007年11月19日 19:15) | コメント(0)

 今日の午後に獣医さんが来まして
ミントの眼を診てもらいました。

病状は結膜炎です。
以前から使っている薬と別の薬を頂きました。

ミントの眼の原因なのですが
髪の毛のふけや風で舞うゴミ等が入ってしまうせいかも
しれないという事です。

 ミントはそういう物が入りやすいようなので
それが原因かもしれないです。

 対策を考えなきゃならないです。
ミントの為にも早急にしないといけない。

2007年11月15日(木)

huckle (2007年11月19日 19:03) | コメント(0)

 今日の朝、昨晩から降っていた雪が積りまして
いつもの農場の風景に一面が白に包まれました。

それを朝、小屋から出た馬達が見て

ある馬は雪の上を転がったり、
また別な馬はただじっと雪を見つめていた。

それもそのはずです。
子馬達は生まれて初めて雪を見たのですから。
何か分からなくても珍しくて色々してみようと思うのでしょう。

ただ一人、キャンディーはいつもと変わらず
足元の芝を食べていた。

しかし少し寒そうだった。
急に雪が降ったので体がまだ慣れていないのだろう。

2007年11月13日(火)

huckle (2007年11月19日 18:44) | コメント(0)

 朝、ミントの眼を診ましたが

なかなか治っていません。

何が問題なのか分かりませんが”ミントが辛そう”

改めて獣医さんに診察してもらい
細かく指示を頂こうと思っています。

 馬達を小屋から出してから馬達の部屋の
足元の砂に酵素を混ぜてボロ(馬達の糞尿)の
匂いを分解する事にしました。

今日の夕方に確認しました。

少し匂いは弱まりましたが
完全には消えていませんでした。

 小屋に馬達を戻す時にミントとベリーが
走っていたので近いうちにまた走らせようと
思います。 

2007年11月12日(月)

huckle (2007年11月19日 18:03) | コメント(0)

 今日は風が強くて、
”小さい馬達が飛ばされないだろうか”と思い
外で放牧するか悩んでいると馬達4人が”小屋から出して”
と鼻を鳴らしたり擦り寄ってきたりとしましたので

池の横の芝生にロープでつないでおきました。
4人とも、すぐに芝を食べ始めました。

”ずっと食べているので、太ってしまう”のを心配です。

 ミントの眼を治療しました。
早くよくなってほしい。

2007年11月11日(日)

huckle (2007年11月11日 18:03) | コメント(0)

 今日の朝は昨晩の雨で地面がゆるいので
馬達は小屋の中に入れたままです。
それでもご飯はしっかりと食べていました。

 午後から馬達が「外に出して」と言いたそうな
顔をしていたらしく天気も落ち着いてきたので
外に出しました。
元気に足元の草を食べていました。

ですが2時間後、雨が少しずつ降ってきたと
思ったらしっかりと降ってきましたので
馬達を小屋に連れて行きました。

 晩ご飯をいつもと同じ様に食べていた。

2007年11月9日(金)

huckle (2007年11月 9日 20:26) | コメント(0)

 今日は朝、小屋から出す前に体を洗いました。
洗っている間、黙って洗われる馬もいれば
お湯を出した瞬間に激しく抵抗する馬や
洗われる前から抵抗している馬もいました。

洗い終わってからは魚を放流している池の周りに
ロープにつないで放牧していました。

 今日の馬達は緑の草を食べたり
池にいるイワナが水面を跳ねるのを
見たり、耳にしながら居眠りをしていた四頭でした。

午後から獣医さんがインフルエンザの
予防注射をする為にきました。

馬達も小さい子供と一緒で
注射の針が見えた瞬間から
暴れだしそうにしていたり、
”ビクビク”しているような表情でいました。

注射が終わりますと”ケロッ”としたように
足元の草を食べていました。

今年はもう一度、注射を打たなければならないです。
馬達にとってこの農園に来て始めての注射でしたが

人間も注射は嫌ですが馬達にもとても嫌な物に
なったのではないでしょうか。

2007年11月8日(木)

huckle (2007年11月 9日 19:56) | コメント(0)

 朝、馬達にご飯をあげながら様子を見たら

やはりミントが眼を充血させて涙の跡がありました。
治療していて、あまりに充血している日数が長いので
別な病気なのではないだろうかと不安になりました。

明日、インフルエンザのワクチン注射の日なので
医者が来るので聞いてみようと思っています。

 柵の中に連れて行き、
すぐに馬達の後ろから追い駆け回しました。ですが

昨日同様にジェイがすぐに走らなくなってしまいました。
その後は昨日と同じにはしませんでした。

 ジェイにロープを付けて私の腰にそれを結んで
私が走るとジェイも走らなければならない様にしました。
ジェイが抵抗しても引っ張られないように
しなければならないですが

ジェイを元の体型に戻す為無理矢理走らせました。
ベリーも疲れて走らなくなった後も
この方法をしましたが二頭の小さいけど立派な馬を
引っ張って走るのはとても辛くすぐに

私がGIVE UP(ギブアップ)しました。
1頭ずつならまだ大丈夫でした。

2007年11月7日(水)

huckle (2007年11月 7日 19:01) | コメント(0)

 今日の朝、馬達を見ましたら2日前と同様にミントの目が

赤く充血していて涙の跡がミントの辛さを語っていました。
まず馬達を柵の中に連れて行きましてから
ミントの目の治療をしました。ですが

お昼過ぎには痛がっていたので
再度、治療をしました。だけれども

馬小屋に戻した後、少し気になったので見てみると
朝と昼過ぎに治療した左目をつぶっていました。

それを見て明日も痛がっているんだろうなあと思いました。

 最近、馬達は運動をしていないので
午前中に馬達の後ろを追っ駆け回しました。
4頭は追っかければすぐ走り出しましたが

ジェイが一番先に疲れて足を止めてしまいます。
その後、走らせようと後ろを追っ駆けましても
お尻を叩いても動こうとしません。
ですので他の馬を走らせてから散歩に連れて行きました。

散歩を始めてもすぐに歩き出さないし、
途中で歩きたくないのか抵抗します。
止まるとその後は何をしても動こうとしません。
仕方ないので無理矢理で柵に戻しました。

キャンディーのお尻を叩いた際に怒ったらしく
スタッフの肩に噛み付いてしまいました。
スタッフには怪我はありませんでした。

2007年11月5日(月)

huckle (2007年11月 5日 18:06) | コメント(0)

 昨日、ミントが結膜炎になっている疑いがあったので
今日の朝、治療をしました。
小屋に入れる時にも確認しましたら

ベリーも病気になっているような感じがあります。

ですので明日も朝、確認しようと思っています。
もしかしたら他にもなっているかもしれないです。

 昨日から一番始めに入れていた柵に
連れて行っています。
その中ではロープもつないでいないので
今日もそうでしたが

馬達も煩わしいロープが無く柵内を
自由に歩けるのでのびのびしています。

ですが自由すぎて今日、ベリーが何度も
柵から外に出てしまっていました。
どこかの柵の間から出ている様です。

何か対策を練ろうと思っています。

2007年11月3日(土)

huckle (2007年11月 3日 18:39) | コメント(0)

 今日の放牧地はいつもの場所とは違いまして
緑の草があるところに連れて行きました。
いつもの場所は今は草が枯れています。

ですので今日の放牧地は馬達には
とてもいいおやつをもらったのと同じそうです。
だからか一心不乱に一日中、食べていました。
そのためか何回か農園内の作業用の軽トラックで
何回も通りましたが驚くどころか

見向きもされませんでした。
この集中力はすごいですし
どこから生まれてくるのか謎です。

2007年11月2日(金)

huckle (2007年11月 2日 18:58) | コメント(0)

 今日の朝も馬達は元気でいました。
ミントやジェイの眼の方もしっかり治ったようで

”ホッ”としています。

 今日は農園にお客様が来ました。
馬達を見たり触ったりしていましたが

当の馬達は知らない顔して足元の草を食べていました。
お客様が草を食べさせてあげようと草を出していましたが

たくさん持っていなかったか、気がつかなっかたのか
食べてくれませんでした。

 私はこのような事をしたのは初めて見ました。

お客様は大人でしたので
跨ぐのは大丈夫ですと申しましたが

馬に寄りかかるように座るような姿勢でおりました。
この様に乗るか乗らないか中途半端な
姿勢でいたお客様は初めてでした。

でも馬達は嫌がっていなかったので安心しました。

 午後にすぐ溶けるような雪が降って来ましたが

馬達は寒がりもせず感慨しい訳でもなく草を食べたり
黙って遠い方を見て立っていました。

 馬小屋に戻ってきて晩ご飯を元気に食べていました。

ですが農場のスタッフは寒がっていました。

COMMENTS

2016年1月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

月別 ARCHIVE